いい加減が好い加減

適当に、いい加減に、まったりと、ゆったりと

H2Oからblack iceへ

先々月あたりでしょうか、hydrog3n romが開発終了しました。
それに代わりH2Oの作者とalien mindの作者とblackiceなるものを共同で開発しているみたいなので早速導入。

最初は解像度が高く設定(Alien mind相当)されてて、一部アプリに表示ズレが発生。
また、ICEToolを用いてマーケットを旧版から新版にする際、有料アプリがエラー発生して購入出来なかったり、解像度が違うおかげで非対応のアプリがあったりと、ちょっと安定稼働するまで時間がかかりました。

LCD周りはICEToolで修正して、マーケットは予めバックアップをとっておいたものを導入。
アプリの対応問題は解像度変更後マーケットのデータをクリアすれば解消。
(ちなみに、LCD Dencity160でデータクリアしたら本来非対応アプリの殆どがDLできます)
たまにキャリア課金が不可能になったりするけどその時は旧版に戻して再度アップグレードすれば治ります。 

マーケット周りは少々不便ではあるけどそれ以外は快適、
ベンチは走らせていないものの相変わらずの軽量設計なので軽快。
プリインストールアプリで目立ったものといえば
前述のICEToolと4EXTRecovery、Chainfire3D、SysTune、Proximity Recalibratorあたりかな。
細い設定は別途インストールしないといけませんが、デバイス調整系のアプリが初めから多く入ってるので、入ってるものだけでも自分に最適な設定が作れそう。 

またBlackICEと称してる手前ICSなのかと思う方もいるかと思いますが、v1.25現在のAndroidバージョンは2.3.7
プリインストールされてるホームアプリはZeam(ICS LauncherはICEToolでインストール可)
カーネルはLordModUE 8.5です

Link
[ROM][AOSP][03Dec] -=BlackICEv1.25=- [2.3.7][LordModUE8.5CFS][OC2.0GHz] – xda-developers

広告

Written by wYDe

12月 30, 2011 @ 12:53 am

カテゴリー: android

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。